猫ちゃん

頸椎を骨折してしまった猫!たくさんの愛とギプスによって起きた奇跡・・・

頸椎骨折

アメリカ・フロリダ州の路上で大怪我を負ってしまった子猫が、

「Carling Fields Felines(ケアリング・フィルド・フェリンズ)」

という動物レスキュー団体に保護されました。

保護された後、隊員が子猫を抱きかかえられながら動物病院へ。

レントゲン検査をしたところ、頸椎を骨折していることが分かりました。

その子猫は「デイヴィー」と名付けられ、

その後、動物レスキュー団体のメンバーと動物病院のスタッフが、

一体となってデイヴィ―の看病に当たりました。

保護されたその後

デイヴィーは頸椎を固定するため、ギプスをすることになりました。

見た目は痛々しいのですが、治療のためには仕方ありません。

デイヴィーの周りにいたスタッフ全員、彼の回復を心から望んでいました。

精一杯の愛情をかけて見守り続けたのです。

そうしているうちに段々と回復の兆しが!

多くの人々に見守られながら、デイヴィーは少しずつ回復をしていきました。

遂に元気な姿を見せる様になったのです。



デイヴィーのこれから

彼らの愛情を余すことなく注いだ懸命の看護の結果なのでしょう。

また、デイヴィーの生命力にも驚かされます。

看護ともともとの生命力の2つの力が、うまく作用したのでしょうね。

デイヴィーは多くの人に見守られながら治療を続け、順調に回復をしていったそうです。

今後デイヴィーの頸椎が完治したのち、動物レスキュー団体で里親を探すそうです。

優しい里親と出会って、幸せに暮していけたら良いですね。

いつまでも愛くるしい表情で周りの人を癒しながら、元気に過ごしていくことを願います。

出典:LoveMeow