泣ける

100年の時を経て蘇った小学校の黒板!そこに刻まれた涙が溢れる思い出とは?

歴史ある小学校

19世紀半ばに建てられたアメリカ・オハイオ州の小学校にある黒板です。

19世紀半ばと言えば、日本だと明治時代にあたります。

この学校の黒板は1917年に交換されてから、

現在までずっと使われ続けてきたそうです。

しかし、100年近くも使用すると傷みも激しくなり、

学校では最新式の電子黒板に換えることにしたそうです。

1世紀にわたり子供達のために活躍していた黒板ですが、

多くの人に惜しまれつつ取り外し工事の日を迎えました。

そして作業員が黒板を外すと、タイムスリップしたかのような光景が出現しました。

100年前の先生と子供達

古い黒板を取り外すと、さらに古い黒板が姿を現しました。

そしてそこには、

100年前に書かれた当時の計算式や落書きがそのまま残されていました。

当時学校に通っていた方々は、もう天国に行ってしまったことでしょう。

しかしこれらの字が現れた瞬間、

昔の子供達の笑い声や先生の叱る声などが聞こえるような気がしますね。

美しい字や殴り書きのような字など、

まるで自分が当時の生徒になった気分になるのではないでしょうか?

工事の作業員さんは、感激の声を上げたと思います。



クリスマスのカウントダウン

女の子の絵も黒板に残されていました。

一体誰が書いた作品なのかはわからないそうです。

黒板の右側にはクリスマスまでのカウントダウンを示した、

日数が書かれた痕跡もあったとのこと。

当時もクリスマスは子供達の楽しみな日だったのですね。

この歴史を物語る貴重な黒板は、市が保存することにしたそうです。

町の宝物として、黒板の思い出を次の子供達へも受け継いで欲しいですね。

出典:The Huffington Post