猫ちゃん

保護された子猫たちを心配して自ら捕獲器に入った野良猫の愛!

自ら捕獲器へ

オーストラリアのニューサウスウェールズ州にある保護団体

「キャット・レスキュー901」のスタッフである、

サラ・チェルスケアさんとクリスタル・マッケイさんが、

猫のコロニーで6匹の子猫を捕獲器で捕まえました。

捕まえた子猫たちをキャリーケースに移し終えた時、

サラさんたちの前に1匹のオス猫が現れました。

その猫は心配そうに子猫たちを見つめ、

「自分も一緒に連れていって欲しい」

と言いたげにサラさんたちを見上げていました。

そして、サラさんたちが捕獲器を再び地面に置くと、

猫は自ら捕獲器に入ってきたのです。

我が子のように…

保護施設でこのオス猫は『アリ』と名付けられました。

アリはとても愛情深い猫で、施設に着くとすぐに子猫たちの世話を始めました。

オス猫のアリはこの子たちの父親かと思いきや、血の繋がりはないということです。

保護される前から子猫たちの面倒をみていたようです。

アリはFIV(猫免疫不全ウイルス感染症)を患っていました。

この病気は、深い咬み傷による感染がほとんどです。

ただ気の優しいアリはケンカもしないため、

子猫たちに病気を移すことはありませんでした。

アリは施設に入ってすぐにサラさんたちに擦り寄り、

幸せそうに喉を鳴らしたそうです。

サラさんたちに任せていれば子猫たちは大丈夫だ、

とアリは思ったに違いありません。



新しい生活

その後、SNSを通じてアリの里親探しが始まり、

カイシーさん夫婦がアリに会いにきました。

夫婦はアリの愛らしい姿に一目惚れをし、早速我が家に迎え入れることを決めました。

もらわれた翌朝、サラさんがアリにおもちゃとベッドを届けに行くと、

アリは新しい環境にすでに慣れていて、幸せそうな顔を見せてくれたとのこと。

子猫たちを大切に育てていたアリは、温かい家庭で新しい生活を始めました。

これからは迎えてくれた里親さんに、可愛がられて暮らして行くことでしょう。

出典:Facebook