猫ちゃん

お腹の中の赤ちゃんを守り続けた猫!そして赤ちゃんが産まれたら・・・

赤ちゃんを守る猫

レイブンさんは動物保護施設から、「アドミラル」という5歳の猫を引き取りました。

その後、レイブンさんのお腹に新しい命が宿りました。

すると、アドミラルに変化が起こりました。

レイブンさんが妊娠してから、アドミラルは常に彼女のお腹にくっつき、

お腹の中の赤ちゃんに喉を鳴らしながら話しかけるようになったのです。

その姿はまるで、お腹の中の赤ちゃんを守っているようでした。

赤ちゃんの胎動が分かるようになると、

さらにアドミラルはお腹の中の赤ちゃんに愛情を注いでいきます。

妊娠9ヶ月になるとアドミラルは彼女の大きなお腹を抱きしめ、

赤ちゃんに話しかけ続けるようになりました。



赤ちゃんのボディーガード

アドミラルにとって、生まれた赤ちゃんとの対面は待ちに待った瞬間でした。

出産を終えたレイブンさんと共に赤ちゃんが自宅へ来ると、

アドミラルは赤ちゃんのボディーガードになったのです。

毎日アドミラルは赤ちゃんと共に過ごし、どんな時も赤ちゃんを見守っています。

赤ちゃんとアドミラルには、猫と人間という垣根を越えた強い絆が生まれたのです。

アドミラルは生まれるのを待ち続けた赤ちゃんに出会い、幸せな毎日を過ごしています。

赤ちゃんがこれから大きくなるにつれて、

ふたりの絆はどんどん深まっていくことでしょう。

出典:reddit