猫ちゃん

行方不明になった猫?動物病院を訪れた親子が保護されている猫を見て・・・

動物病院のビリー

あるアメリカの駐車場で、ガリガリにやせ細った状態の猫が発見され、

近くの動物病院へ保護されました。

推定年齢は13歳。

老猫のため、病気をたくさん抱えており、栄養失調にも陥っていました。

病院で「ビリー」という名前を付け、

みんなで愛情を注ぎながら治療を続けたところ、

数週間後には元気な体になりました。

その頃には動物病院のスタッフにとって、

ビリーは大切な存在になっており、動物病院で飼うことになりました。

愛猫のテュッフォ?

それから3年ほど経過した時のことです。

ある親子が動物病院へやって来て、ビリーを見て

「この子は、数年前に行方不明になったテュッフォにそっくりだ!」

と言ったのです。そして親子がビリーに近づくと、

ビリーはそれよりも早く親子に近づいていきました。

その機敏さは、動物病院ではどのスタッフも見たことがないほどで、

病院スタッフのスタッフは大変驚きました。

そして親子は、とても仲良しだった弟の

「コットン」を引き合わせてみることにしました。



まさかの再会

いったん自宅に帰り、その日の夜にコットンを連れて再び動物病院へ。

すると、ビリーもコットンも目を輝かせながら近寄り、

2匹は強く抱きしめあいました。

テュッフォは、3年以上経過しても家の事を覚えていたようです。

こうして、ビリーことテュッフォは本来暮らしていた家に帰ることになりました。

その後も楽しそうに家中を駆けまわり、コットンとじゃれ合ったそうです。

こんな奇跡のような再会もあるのですね。

出典:LoveMeow