泣ける

食物アレルギーに悩む少年➡︎幼稚園の先生から送られたメールに母親は涙!

食物アレルギー

5歳のカイデン君はFPIESと呼ばれる、

重い乳児消化管食物アレルギーを患っていました。

そのため、12ほどの食品しか食べられませんでした。

通っている幼稚園でも、周りの子ども達と同じものが食べられず、

いつも1人で違うものを食べていました。

そんなある日、カイデン君の母親であるシャノンさんが、

幼稚園の担任の先生から一通のメールをもらいました。

その内容は、カイデン君が食べられるものだけを用意して、

幼稚園でパーティーを開きたいというものでした。

メールの中には食材がリストアップされており、

その中に問題のあるものが含まれていないか、

カイデン君の母親であるシャノンさんに確認していたのです。

また、事前に他の家庭にもこのメールが送付されました。



優しさあふれるパーティー

今回のパーティーは、先生方がカイデン君のために特別に企画したものです。

パーティーが行われる時、

いつもみんながおいしそうに市販のカップケーキやスナック菓子を食べる中、

カイデン君はシャノンさんが作ったものだけを食べていました。

そうした経緯から、このメールをもらったことで、

シャノンさんは嬉しさのあまり、泣き崩れてしまったそうです。

当日シャノンさんは、アレルギー反応が出ない食材で作った、

自家製のカップケーキを持ち込み、子どもたち全員に振る舞いました。

カイデン君もその日はみんなと同じものが食べられて、

とても満足した様子だったようです。

幼稚園の先生方の優しさに触れて、素敵な思い出が作れたことでしょう。

ずっと良い思い出になると良いですね。

出典:MIGHTY