猫ちゃん

病院で弱っている動物たちに寄り添う野良猫に癒される・・・

ロン君の才能

「アニマルセラピー」とは動物と触れ合うことで、

心が落ち着いたり、ストレスが軽減したりするなど、

「動物を通した癒し」のことを意味します。

アメリカのコロラド州に、ノースフィールドという動物病院があります。

アニマルセラピー猫として才能を発揮しているのは、茶トラ猫の「ロン」君。

ロン君はもともと野良猫でした。

生後6ヶ月の時に他の野良猫たちと一緒に保護され、この病院で療養していました。

そんなある日の事、体重が10kgはあろうかという大型の猫が病院に搬送。

獣医が猫を治療しようと近づこうとしますが、

猫は怯えているのかとても興奮し、攻撃的で手が出せません。

「これでは治療が出来ない…」と獣医が困っているその時、

ロン君が部屋に入って来ました。

次の瞬間、ロン君は急に大型の猫の上に乗っかったのです。



動物のためのアニマルセラピー

「これではロン君が怪我をする!」と思った獣医でしたが、

大型の猫は暴れる様子がありません。

そして数分後、なんとその大型猫は喉を気持ちよさそうに鳴らし、

ロン君とじゃれるほどに落ち着きました。

その様子を見てた病院スタッフは、

「ロン君には動物を癒す力がある」と気付き、

その才能を生かすべく、「セラピー猫」として、

病院スタッフとして仲間入りしてもらうことになったのです。

ロン君のアニマルセラピーは、ただ寄り添うだけではありません。

動物の状況に応じて、態度やしぐさを変えているようです。

治療でつらい時、こんな風にそばにいてくれたらホッとしますよね。

それは動物も同じことなのでしょう。

そんな動物たちの繊細な気持ちを感じて癒してくれるロン君。

これからもその才能を生かして、

たくさんの動物の支えになって欲しいですね。

記事が気に入ったらツイートしてね♪