猫ちゃん

マイナス35度という極寒の中、羊で暖をとることにした猫が話題に!

新疆ウイグル自治区の猫

中国の新彊(しんきょう)ウイグル自治区は、

平均気温がマイナス25℃と中国の中でも寒い地域の1つです。

すごい時はマイナス35度という途方もないような寒さになることも。

そんな極寒地にも野良猫はいて、

寒さを耐え抜くために色々な工夫をして暖を取っています。

猫といえば暖かいところ見つけるプロですよね。

そんな猫が中国の極寒地で暖を取るために選んだ場所は、

なんと羊の体でした。

羊毛は猫も認める暖かさをもっているのですね。



まるで家族

それにしても猫が乗っている子羊、嫌がる様子もなく全く動じていません。

親の羊もこの猫を追い払おうとせずに、

まるで家族の1人として温かく迎え入れているみたいです。

マイナス35℃にもなると種族なんて関係なく、

みんなで固まって暖を取ることが生きていく上で重要になるのでしょう。

この羊の家族はきっと、

「ここは暖かいから、寒い間はここにいるといいよ。一緒に暖まろう」

と猫を迎え入れたのでしょう。

ほっこりする光景ですね。

出典:中新图片频道