わんちゃん

棺桶の隣で悲しそうな顔を浮かべたワンちゃんの行動に遺族は涙!

飼い主とのお別れ

トルコ人のメフメト・イルハンさんは、

79歳で長くツラい闘病生活に幕を下ろしたご老人です。

メフメトさんの家族は、彼との別れをとても悲しみました。

そして家族の一員として、

メフメトさんに可愛がられていたワンちゃんのセスールも、

彼の死を悲しみました。

セスールは家族でありながら、メフメトさんが晩年最も信頼した忠実な仲間でもあり、

そして強い絆を築いた友人でもあったのです。

メフメトさんが死の直前、病院へと搬送された際もこのセスールは彼のことを心配し、

エサを食べられなくなってしまったくらい仲が良かったのです。

そんなセスールが、メフメトさんの眠る棺桶の隣で見せた行動が話題になりました。

死を悲しむ犬

メフメトさんの眠る棺桶が、埋葬のために墓地へ運ばれていきます。

そんな棺桶と人々を先導して歩いたのが、他でもないセスールでした。

葬儀の間もセスールはメフメトさんのそばを離れず、

悲しげな表情でうなだれていました。

葬儀に参列していた人々は、そのセスールの姿に心を強く打たれました。

セスールはその後、メフメトさんの息子のアリさんに引き取られていきました。

セスールは毎日アリさんが会社へ出勤する際、

玄関からアリさんと一緒に家を飛び出していくのです。

毎朝セスールが弾丸のように飛び出していくので、

アリさんも気になってついて行くことにしました。

そこで彼は衝撃的な真実を知ります。

セスールは脇目も振らずに、墓地へと駆け込んだのです。



毎日通っていた場所

そして、ある墓地の前で座り込みました。

そこはセスールの元の飼い主のメフメトさんの墓地だったのです。

アリさんは次のように語ります。

「墓地で働く人に聞くと、セスールは毎日やってきては父の墓の前に座り込むらしいんだ」

セスールはまだ元の飼い主のことを忘れられず、

メフメトさんが眠る墓地へ毎日やってきて来ていたのです。

しかし、彼の死を受け止められないのはセスールだけではありません。

メフメトさんの家族も彼の死を受け止められずにいたのです。

アリさんはセスールを見守りながら、

立ち直れるまでお互いを支え合うようにしようと決めたのです。

セスールの行動から、

ワンちゃんがいかに大きな愛情を持っているのかが分かりますね。