びっくり

虹+雷+飛行機➡︎3つがピタリと重なってとんでもない写真に!

虹と雷と飛行機

ドイツで虹と雷と飛行機が、

偶然にも一緒に写っている写真が撮影され、話題になりました。

撮影したのはドイツ人で写真家のバーク・モビウスさん。

ドイツのタウシャにある飛行場から撮影したそうです。

ちなみに乗客は全員無事だったとのこと。

注意深く見ると、わずかに機体が見えます。

雷の光が途切れているのが飛行機です。

どうやら飛行機への落雷はあまり珍しくはないようです。

ただ機内の乗員乗客は機体の中でしっかり保護され、

雷は飛行機の外壁を通り抜けていくため、基本的に安全なようです。

場合によっては落雷で翼に傷がついたり、

通信機器や計器類の一部が損傷することもあるようです。

しかし、到着後に整備と点検をしっかりと行えば、

それほど問題にはならないそうです。



スタティック・ディスチャージャー

また、主翼や尾翼にはスタティック・ディスチャージャーという、

細い針のようなものが取り付けられています。

雷は尖っている部分から抜けていく傾向があるとのことで、

放電装置として20~30本ほど設置されているそうです。

また飛行機だけでなく、雷が鳴った時に車に乗っている場合は、

外に出ずに車中にいる方が安全だと言われます。

雷が鳴っていると思わず逃げ出したくなるかもしれませんが、

大人しくしているのが一番ですね。

出典:Sploid/JAL