泣ける

95歳の認知症の男性がジャムセッションをやってくれる人を募集したら…!

ジャムセッション募集

40年にわたってジャズピアニストとして活躍してこられた、

95歳になるイギリス人のエドワード・ハーディーさん。

エドワードさんは認知症が進み、介護施設に入りました。

その結果エドワードさんは、だんだんと孤独感を感じていったそうです。

介護施設の人はそんなエドワードさんを見て、

「エドワードさんと一緒にジャムセッションをしませんか?」

と広告サイトに載せて募集をかけました。



再会

すると、イギリス中から80人以上の応募がありました。

しかもその中に、昔のジャズバンド仲間がいたのです。

エドワードさんは35年間出会う事がなかった、

3人の仲間たちから連絡があったことに何よりも驚いたそうです。

そして昔のバンド仲間3人を含む数人で、

ジャズのコンサートをすることになりました。

介護施設のスタッフはイキイキしているエドワードさんを見て、

「音楽ってこんなに人を変えるんだ」と驚いたとのこと。

音楽の力の偉大さを強く感じさせられますね。

出典:dailymail/YouTube