びっくり

お茶を入れると表面に浮いてくるホコリのような物の正体を知っていますか?

毛茸

お茶を淹れた時に、表面にホコリのようなものが浮いたことはありませんか?

お店でそんな状態のお茶が出たら、思わずクレームをしたくなるかもしれませんが、

実はこれ、高級なお茶を意味しているものなのだそうです。

毛茸(もうじ)は「もうじょう」とも呼ばれているようです。


植物葉の表面に生えた毛・トゲのことで、

害虫などの天敵から身を守る役割を果たしているほか、

成長をコントロールするために重要な働きを持つ表皮細胞のことnのです。

柔らかい新芽の裏側しか生えていないので、

入れたお茶に毛茸が浮いていてもショックを受けることはありません。



ネットの反応

このことについて、ネット上では様々なコメントが寄せられていました。


ぜひ覚えておきましょう。