おもしろ

鞍馬天狗の鼻が雪でポッキリ!日本らしい応急処置をご覧ください・・・

鼻がポッキリ

京都の鞍馬駅前には、立派な天狗のモニュメントがあります。

そんな天狗のモニュメントがある日、

大雪が降って大量の雪が天狗の鼻に積もったことにより、

鼻が雪の重さに耐えられなくなって折れてしまいました。

その時に施された応急処置が、日本人らしいと話題になりました。



なんと天狗の鼻に絆創膏を貼って、

「ただいま治療中」という看板を立てたのです。

鼻が折れたことをケガと見立てて、応急処置したというわけですね。

この画像に対して、ネット上では

「ユーモラスがあっていいね。」といったコメントが寄せられていました。

今度は、より丈夫な鼻に変身していることでしょう。