びっくり

マイナス40度という極寒の世界でお茶を思いっきりぶちまけると・・・

奇跡の1枚

カナダのヌナブト準州のパンナーダングで、

日没が近い午後1時ごろ、神秘的な写真が撮影されました。

この時、パンダーダングはマイナス40度という極寒の世界でした。

そんな場所で写真家のマイケル・H・デイヴィスさんは、

お茶を思いっきりぶちまけてみたのです。

This is how you dump tea at -40c



するとお茶は一瞬で凍り付き、

さらにそこに沈んでいく太陽とのコラボによって、

神秘的な1枚になりました。

マイナス40度という世界は、日本ではなかなか味わえないですが、

この写真を見ると想像を超える世界だという事が、

伝わったのではないでしょうか?