猫ちゃん

マイナス39度の極寒の中、列車のエンジンの隙間で凍り付いていた猫!

極寒の中で

その日カナダのアルタは、

マイナス39度という非常に厳しい寒さに見舞われていました。

濡れたタオルを外に置けば、1秒足らずで凍ってしまいます。

そんな極寒の中車掌であるブラッド・スレターさんは、

仕事でウェインライト駅のホームに向かって歩いている途中で、

猫の鳴き声を聞きました。

気になったブラットさんは声のする方へ向かうと、

列車の第2エンジンの隙間から猫の姿を発見しました。

猫の体は雪と氷に覆われてほとんど動けない状態ですが

まだ息をしているのが分かります。

それを見て、ブラッドさんは迷う事なくすぐ猫を保護しました。

猫は首輪などを付けていなかったため、野良猫だと推測されました。

また野良猫がいつからこの列車に乗ったのかは分からず、

ずっと前からここに隠れていた可能性があります。

暖かな場所へ

ブラッドさんが野良猫を抱きかかえてあげようとすると、

野良猫は少しだけ凍った手を動かして威嚇しました。

しかし、あまりの寒さで声すら出ない状態でした。

かわいそうな野良猫を、

なんとかエンジンの隙間から連れ出す事ができました。

ブラッドさんは寒さで震える野良猫を防寒コートで包み、

暖かい列車の中に連れて行きました。

しばらくして体を温めた野良猫は少しずつ元気を取り戻し、

自分の力で歩くようになりました。

野良猫はブラッドさんの膝の上に乗り、

「助けてくれてありがとう」と言っているかのように、

ブラッドさんの腕に頭をこすりつけてきました。

野良猫はとても喉が渇いていてお腹も空いていたようだったので、

ブラッドさんは持っていたビーフジャーキーを細かく砕いて、

ボトル水と一緒に野良猫に食べさせました。



Q199

その後、ブラッドさんの奥様が駅まで迎えに来てくれました。

夫婦2人は野良猫を自宅に連れて、

暖かいお風呂とたくさんの食べ物をあげました。

野良猫は、隠れていた列車から名前を取って「Q199」と名付けられ、

ブラッドさん夫婦と同じベッドで寝たりします。

もしあの時、Q199を見つけていなかったら、

きっと次の駅に着く前に凍死していたのでしょう。

彼はまさに奇跡の猫です。

ブラッドさんはSNSなどを使って、

Q199の飼い主を探しているそうですが、

もし飼い主さんがいなければ家族に迎えようと考えています。