猫ちゃん

心優しい家族と一緒に暮らす31歳の老猫は、人間でいえば140歳!

31歳のナツメグ

イアン・フィンレイさんとリズさん夫婦の家には、

31歳のオス猫『ナツメグ』が暮らしています。

出会いは今から25年以上も前。

庭の手押し車の下に隠れていたところを夫婦が発見。

当時ナツメグは、とても痩せ細っていました。

夫婦はすぐにナツメグを保護し、獣医さんに診てもらったところ、

歯の状態から少なくても5歳と言われました。

その後、夫婦の家で共に暮らし始めましたが、

すぐに家族のように仲良くなったそうです。

そんな中で今から3年ほど前、ナツメグは死の淵を彷徨いました。

しかし、獣医のローラ・ギリスさんと看護師さん達の力で、

見事ナツメグを死の淵から蘇らせたのです。

以来、夫婦は以前にも増してナツメグをとても大切にしています。

そうしてナツメグは、ついに31歳を迎えました。



ナツメグの人間

誕生日には、病気の時にお世話になった獣医のローラさんもかけつけて、

一緒にお祝いをしたそうです。

現在ギネス記録に認定されている最年長の猫は、

30歳のスクーターという猫だそうです。

しかしナツメグは、その記録を軽く越しているのです。

「ナツメグは私たちの猫ではありません。私たちがナツメグの人間なのです。そのことをナツメグは私たちに忘れさせません。それがナツメグを長生きさせている秘けつだと思います。」

フィンレイさん夫婦はこのように語ります。

現在ナツメグは、片方の耳しか聞こえていません。

そして歯も3本しか残っていませんが、元気に暮らしています。

猫の31歳は人間の年齢にすると140歳!

まだまだ元気いっぱいのナツメグは、

これからもフィンレイさん夫婦と一緒に、

仲良く幸せに年齢を重ねていくでしょう。

出典:Chronicle Live