猫ちゃん

目が見えない双子の猫!そばを離れずに支え合う姿に感動・・・

目が見えない双子猫

オーストラリアのシドニーに住むある女性が、

自宅の裏庭で生後3ヶ月ほどの子猫を2匹見つけました。

餌をあげようと子猫に近づくと、

2匹とも目が見えていないことが分かりました。

どうにかしてあげたいものの、

2匹一緒に治療するとなると相当な金額になります。

女性にそこまでの金銭的余裕はありません。

そこで、『Inner City Strays(インナー・シティ・ストレイズ)』

という地元の動物レスキュー団体に助けを求めました。

その結果、無事に2匹は治療を受けられるようになりました。

そしてこの団体での保護が決まり、治療と世話をすることに。

それぞれ「アイザック」「スティーヴィー」

という名前をもらった子猫たちは施設へ引き取られたあと、

すぐに感染症防止のための手術を受けることになりました。



深い絆

手術後の痛みにも2匹で支え合い、堪えてきました。

互いに信頼し合い、離れようとしない2匹。

中でもスティーヴィーは不安があると鳴くこともありましたが、

そんな時にはアイザックが側に寄り添い、

抱きしめたりすることもあったそうです。

アイザックが側にいるとスティーヴィーは鳴いたりすることがなく、

安心している様子が見てとれました。

2匹は施設の方々が思うより絆が深かったのです。

治療を終え、痛みも引いた2匹は元気な様子で遊んでいます。

アイザックは治療の成果があり、片目が見えるようになりました。

残念ながらスティーヴィーは今も全盲状態の様ですが、

痛みが無い分2匹はとても活発に生活しているそうです。

今後2匹の回復を待って、里親探しを始めるとのこと。

2匹が今以上に幸せな毎日が送れるよう祈るばかりです。

出典:Bored Panda