猫ちゃん

暗い夜道で近づいてきた野良猫に持っていた猫缶をあげたら素敵な出会いに…!

野良猫との出会い

ある日、マリーナさんは友人たちと車で夜道を通っていました。

するとそこへ、1匹の野良猫が近づいてきました。

車から降りてみると、野良猫はマリーナさんのもとに寄ってきます。

野良猫がお腹を空かせているように思ったマリーナさんは、

愛猫用として持っていた猫缶を野良猫にあげました。

すると野良猫は、食べ物の匂いで興奮を抑えられない様子でした。

野良猫はクリクリの大きい目をした可愛いらしい猫でした。

人懐っこく、威嚇したり暴れたりもしませんでした。

猫缶を完食した後は、

マリーナさんにありがとうと言っているかのように、

嬉しそうに鳴いてしがみついてきました。

その姿が可愛いらしく、

マリーナさんは野良猫をそのまま放っておけなくなりました。

マリーナさんは野良猫を抱え、車に乗せることにします。



サバンナのその後

野良猫は車の中が気に入ったのか、

暴れることもなく興味津々な様子でした。

マリーナさんは野良猫を保護し、里親を探し始めました。

そして、同じ町に住んでいるジェイミーさんが引き取る事になりました。

ジェイミーさんは16歳で看護学校の学生です。

こうして野良猫は「サバンナ」と名付けられ、飼い猫となりました。

サバンナは人間に懐いてるだけではなく、

ジェイミーさんの家に暮らしている老犬とも仲が良いのです。

サバンナの愛らしい表情と仕草が、

いつもジェイミーさんに笑顔を届けてくれるそうです。

マリーナさんはサバンナと出会い、

猫缶を食べさせてくれて里親まで探してくれました。

もしもあの時にマリーナさんがサバンナに気づいていなかったら、

今のようにはなっていなかったでしょう。

これからはジェイミーさんと、幸せに暮らしていくように祈ります。

出典:エウレカ!