猫ちゃん

保護施設を辞める女性との別れを惜しんで抱きつく猫!思わぬ行動に・・・

別れの時

ニューヨークのポツダム動物愛護協会で、

ボランティアをしていた学生のレイチェルさんは、

長年施設の手伝いをしていました。

レイチェルさんが施設でボランティアをする最後の日。

彼女が施設で保護されている動物達とお別れの挨拶をしていた時、

1匹の猫がレイチェルさんに抱きついてきました。

その様子はまるで、レイチェルさんに

「行かないで欲しい」と言っているようでした。

レイチェルさんは猫の予想外の行動に、思わず泣いてしまいました。

そしてしばらくの間、その場を動くことができなかったレイチェルさん。

Today I started crying at the animal shelter because one cat hugged me and nuzzled into my neck from r/aww



彼女の決断

猫はよっぽどレイチェルさんと別れたくないのか、

レイチェルさんにぴったりとくっついています。

レイチェルさんはこの時、

ずっとこの子と一緒にいたいと心から思ったそうです。

しかし、レイチェルさんが住んでいる大学の寮では、

猫を飼うことができないため、

悩んだ末に実家に猫を連れて行くことにしました。

今はその猫とレイチェルさんは別々に暮らしていて、

なかなか会ったり一緒に過ごすことは難しい状況だそうです。

しかしレイチェルさんが卒業したら、

その猫とレイチェルさんとで一緒に暮らすとのことです。

いつまでも仲良く幸せに暮らしてほしいですね。