わんちゃん

捨て犬たちの面倒を見るおじいさん➡︎みんなを乗せてワンコ列車、出発進行!

ワンコ列車

アメリカのテキサス州で暮らしているユージン・ボスティックさんは、

長年捨てられたワンちゃんを引き取り、

保護して育てる活動をしていました。

仕事をリタイアして15年過ぎましたが、

ユージンさんは今もワンちゃんの保護活動を続けています。

しかし年々ワンちゃんの数が増えてしまって、

動物病院へ連れていくのにも大仕事になってしまいました。

そこで考え出したのが「ワンコ列車」です。



トラクターにカートを付けた簡単なものですが、なかなか壮観です。

ワンちゃんたちも、このワンコ列車が大好きとのこと。

ユージンさんが列車を動かす準備を始めると、

ワンちゃんたちたはすぐに気づいて、

自分の専用のカートに乗り込むのだとか。

ユージンさんは、

「もう80歳だからあまり長く続けられないかもしれないが、できる限り続けたい。」

と、まだまだやる気を見せています。

その優しさは、ワンちゃんたちにも伝わっているでしょう。