猫ちゃん

長年野良だった老猫がある男性と出会い、幸せな第二のニャン生へ…!

野良の老猫ジョー

3年前、男性(@Mykmyk)は老猫の「ジョー」に出会いました。

ジョーは長年、野良猫として生きてきました。

しかし男性と知り合ってからは昼間は庭でくつろぎ、

夜になるとベランダで眠ります。

男性が近づくと、寄り添うように座ります。

ジョーは男性と一緒に散歩がしたくて、

いつも男性が家から出てくるのをじっと待ちました。

また、男性が子供をスクールバスの停留所まで見送りに行く時も、

その後をついてきたそうです。

日に日に男性はジョーを愛おしく思うようになりました。

寒い時期にはジョーが風邪をひかないように寝床を用意し、

フカフカの暖かいタオルをひいてあげました。

寒さが厳しくなるとジョーを家の中にいれてやりました。

ジョーは安全な家の中が大層気に入り、

家の中で過ごす時間が長くなっていきました。

家の中にいれてもらい、すっかりくつろいでいたジョーでしたが、

ある日突然いなくなってしまいました。



ジョーの失踪

数週間たっても戻りません。

男性は諦めることができず、探し回っていましたが、

徐々に最悪の事態も頭をよぎり始めていました。

もう二度と会えないかもしれないと考えていたある日、

突然ジョーが男性の前に現れたのです。

しかし、久しぶりに帰ってきたジョーは体中泥で汚れ、

他の野良猫と喧嘩したのか怪我をしていました。

男性はすぐに獣医師の診察を受けさせました。

その結果、猫白血病のキャリアであると診断されましたが、

その後正式に男性の家族として、幸せに暮らしています。

長い間、野良猫として生きてきたタフなジョーですが、

もう放浪生活はおしまいです。

これからは家猫として、のんびりとした余生を過ごせるのです。

長い間、厳しい外で暮らしてきたジョーは、

ようやく安住の地を見つけました。

これからもたくさん男性に甘えて、

第二のニャン生を楽しんでほしいですね!