猫ちゃん

助けてくれた男性をお父さんだと思い込み、甘えが止まらない子猫!

子猫のお父さん

ある日ひとりの若い男性が、自宅の裏庭から子猫の鳴く声を聞きました。

発見した子猫は手のひらに乗るくらいの小ささで、

まだ目も開いていない赤ちゃん猫でした。

母猫を探しましたが見つかりません。

このままではかわいそうだと思った男性は、

ひとまずその子猫を家に入れてやることに。

男性は2時間半おきにミルクを与え、ベッドを温め続けました。

それから11日が経過し、ついに子猫の目が開きました。

それ以来、子猫は男性のことを自分のお父さんだと思い込み、

すっかり甘えるようになりました。



男性の愛情を受けてスクスク育ち、立派な大人の猫になってからも、

男性のことが大好きでいつも付いて回っているそうです。

「これまでペットを飼おうと思ったことはなかったけど、彼女と出会えて今はとてもハッピーです。」

と、男性は語ります。

目が開かない子猫を大切に育てた男性。

そして目が開いて始めて見たのは人間のお父さん。

ふたりにとってお互いの存在はかけがえのないものになりました。

これからも、沢山素敵な時間を過ごすことでしょう。

出典:LoveMeow