トレンド

「イヤな予感なんやけど、寝ぼけて」母からのLINEを受けて女子高生の娘が弁当箱を確認すると…(笑)

母親のイヤな予感

毎日やっていることでも、時には信じられないような失敗をしてしまうことは誰にでもあります。特に夜遅くや朝早い時間帯は眠気が強く、自分でも今なにをしているのか寝ぼけていて分からないということは珍しくありません。

Twitterユーザーのゆう(@ito_muska0608)さんは女子高生で、毎日母親が作ってくれた弁当を持って学校に通っています。ゆうさんがいつもの通学時間帯に家を出た後、母親からLINEで「イヤな予感がする」というメッセージが届きました。

寝ぼけて弁当の中に「あるもの」を入れる夢を見たというのです。それは弁当に入れるには不釣り合いなもので、まさか本当に入れたのではと心配になって連絡してきたようです。

弁当にたけのこの里!?

なんと明治から発売されているあの有名なお菓子、「たけのこの里」を入れたかもしれないと言うのです。いくら寝ぼけていたとはいえ、流石にたけのこの里をわざわざ弁当に入れるでしょうか?

しかし「そうかもしれない」という疑いが強いのか、時間を置かずにまたLINEが送られてきました。朝の自分の行動をかなり疑っているようです。

そして今度は決定的ともいえる内容のメッセージが届きます。冷蔵庫に入れた「たけのこの里」が開いていたことにより、母親の中で疑惑は確信に変わりました!

しかし、これだけでは他のご家族がたけのこの里を食べていたという可能性も捨てきれません。本当に弁当にたけのこの里は入っているのでしょうか?



確認の結果

しっかり入ってました!これを見て爆笑したゆうさんは弁当の中身を撮影した写真、母親とのやり取りをまとめてツイートしています。

母親は弁当を作るために頑張って早起きしてくれたのでしょう。その苦労を分かっているゆうさんは、母親への感謝の気持ちも添えていました。

ツイートには「ステキな親子ですね」「お母さん、ミスったけどいい思い出になりそう」など、好意的なコメントがたくさん寄せられています。今回は弁当にお菓子を入れるという失敗をしてしまいました。

しかし母親の愛情が伝わっていることは、ゆうさんのメッセージから読み取ることができます。たけのこの里はおかずにはなれませんが、食後のデザートとしてゆうさんが美味しく食べてくれたことでしょう。