おもしろ

イギリスの洪水は街を優雅な光景へと変貌させると分かる1枚の写真がこちら!

災害が少ないイギリス

イギリスは災害が少ない国だといわれています。

日本で多い地震やアメリカのハリケーンなど、

自然災害はイギリスでは滅多に起こらず、

「私たちはラッキーだね」

とこの国に住む人は言い合うそうです。

しかし、唯一ある災害といえば洪水です。

特に2015年の終わりから2016年初頭にかけてのイギリスでは、

かなりの被害が出ているようです。

248年ぶりという大雨、洪水、

寒波のトリプルパンチで大勢の人が亡くなってしまいました。

テムズ川の周辺では1か月近くも冠水状態が続き、

都市機能が完全にマヒしてしまったそうです。

そんなイギリスのウスターシャー州で起きた洪水のお話です。

雨がちょっと降るとすぐ洪水になる川が、

近くにあるのだそうです。

しかしそんな川が、瞬く間に優雅な光景に!?

優雅な洪水!?

こちらが話題となっている、

イギリスの洪水の時の写真です。

白鳥が泳いでいるだけでも、

優雅さが漂っているように感じられますね。

洪水でも白鳥の群れが泳いでいるだけで、

何となく優雅に見えるものですね。

風景の建物や緑の木々などはさすがイギリス。

絵になっていますよね。



ネットの反応

紳士の国であるイギリスは、

洪水でも優雅に見えてしまうのが不思議です。

慌てず騒がず、紳士は悠然としているのでしょうか?

日本の台風情報を見慣れている私たちにはまるで別世界。

さすがに紳士の国でも、

水びたしになった街は困ったものでしょうが、

お国柄によって見る側に違うイメージを植え付けてしまうのですね。