おもしろ

「危険動物のクーガーが現れました!」カメラを向けた先にいたのは…(笑)

クーガー

大型の動物、

「クーガー」をご存知でしょうか?

「ピューマ」とも呼ばれています。

アメリカでは、

クーガーと呼ぶのが一般的とのこと。

体長は約1~2m、

体重は約65~100kgもあるのだとか。

行動も素早く、

5mもジャンプできるそうです。

アメリカでは、

年に数回は人間も襲われているそうですが、

できれば遭遇したくない動物ですね。

そんな中である地元のテレビ局が、

クーガーの姿を撮影しようと現場に向かいます。

さて、取材班は発見できたのでしょうか?



クーガー?

クーガーは南アメリカのアンデス山脈から、

北アメリカのロッキー山脈まで、

広範囲に渡って生息している、

ネコ科の動物です。

ライオンやトラとは違い、

ヤマネコの仲間に入り、

雑食性で環境に対する適応力もあるので、

広範囲で生存することが可能なのです。

ある日、

ミシシッピ州のヘルナンドという街で、

クーガーの目撃情報があったそうです。

しかしリポーターが指さすその先には、

何と絶妙なタイミングでどこかの猫が、

座っていたのです。

通り過ぎるわけでもなく、

取材班をジッと見つめる猫。

あまりにスコットさんが指を示すので、

その方向を見てしまいます。

まさかクーガーの取材で、

自分がテレビに放送されているとは、

夢にも思わないでしょう。

カメラの先に・・・

もしこの猫が誰かのペットで、

飼い主さんが偶然テレビを見ていたら、

「うちの子、クーガーだったの?」

と大笑いしてしまいますね。

「住んでいる街にクーガーが出没したとの目撃情報がありましたが、そこにいるのはクーガーではなく、ただのイエネコのようです。」

とジョーク交じりに取材するスコットさん。

少し緊張したであろう取材班は、

拍子抜けしたようですね。

このタイミングで現れた猫は、

世界中で話題になりました。

とんだクーガー騒動でしたが、

代わりに出演してくれた猫のおかげで、

面白ニュースが見られました。

少し得した気分ですね。