おもしろ

高速道路で車が故障→三角表示板を持ってないドライバーが代わりに置いたものに警官は大笑い!

アウトバーンのルール

車好きの人ならば、

「一度でいいから高級なスポーツカーでドイツのアウトバーンを爆走してみたい。」

そう思うのではないでしょうか?

しかし、アウトバーンには独特のルールがあるようです。

ドイツのアウトバーンには一部の区間を除き、

速度制限が設けられていません。

そのため自分の神経が対応できる限り、

どれだけスピードを出しても構わないのです。

それだけではなく、

アウトバーンには他の国にはない、

独特なルールも存在しているといいます。

kosyou1

車が故障した場合などにおいて、

道路上で車を止めなければならない時、

停止していることを後続の車に知らせるための、

赤色の三角停止表示板を設置しなければならないというものです。

2009年からは日本でも三角表示板の設置は義務化されています。

ちなみに積載義務や購入義務はなく、

設置義務のみだけとなっています。

なので走行中に、

三角表示板を積んでいなくても違反にはなりません。

しかしこのことを義務付けている国はほとんどなく、

日本とドイツだけだとされています。

そんなドイツのアウトバーンで、

三角表示板を持たずに故障した車がありました。

あるドライバーが、

ベルリンの西マグデブルクという町の近くを走っていた時です。

車が故障してしまい路肩に止めたのですが、

その時彼は三角表示板を持っていないことに気が付きました。



三角表示板の変わり

後ろから来る車になんとかして知らせなければ、

大事故になりかねません。

夢中で車の中を探して彼が荷物から取り出したのは、

なんと少し前にスーパーで買った赤ピーマンでした。

彼が持っていた荷物のなかで、

一番赤かったのがこの赤ピーマンだったからです。

彼はこれを三角表示板の代わりにしようと考えたのです。

やがて現場に警官が到着。

融通が利かないと思われがちなドイツの警察官は、

この「新鮮野菜の警告」に大笑いでした。

そしてこのドライバーに対しては、

特に罰則も与えなかったとのこと。

ドライバーの必死な思いが警官に通じたのでしょう。

パトカーが来るまでにするべきことは、

ハザードランプをつけ後続車に合図をすること。

三角表示板を設置し、

発煙筒を使うなどしてとにかく後続車に合図を送りましょう。

そして通行車両に注意して、

ガードレールの外など安全な場所に避難します。

高速道路に停車中、

後続車が衝突する事故は少なくありません。

できる限り安全な方法で、

車から降りてガードレールの外に避難してください。

非常用電話または道路緊急電話というのがあります。

[#9910]に通報します。

携帯電話でも使える番号ですので、

自分の携帯に登録してくと良いでしょう。

近年、高速道路の本線や路肩に立っている人が、

車にはねられるという事故が多発しています。

自分の車が事故にあったら、

または故障して動けなくなったら以上のことを守り、

十分に気をつけましょう。

赤ピーマンが三角表示板の代わりとはよく考えましたね。

日本の警察では通用するでしょうか?