猫ちゃん

鳴きながら道端を彷徨っていた野良猫が心配で動物病院へ連れて行ったら・・・

鳴いている猫

カナダのモントリオールで暮らすリンさんは、

ある日偶然野良猫と出会いました。

「その野良猫は悲しそうな泣き声を上げながら、私に駆け寄ってきました。そして私の腕へと飛び込み、側を離れようとしなかったのです。」

野良猫を保護したリンさんは、

このように語ります。

推定1歳頃と思われるその野良猫は、

体も汚れて長い被毛も絡まり、

大量の毛玉を付けている酷い状態だったそうです。

あまりにも劣悪な野良猫の状態を見て、

リンさんは近くの動物病院に連れていきました。

そして、ある事実が分かったのです。



驚きの事実!

動物病院に連れて行き、

獣医師に診察してもらうと、

保護した野良猫は臨月を迎えていました。

何と、お腹の中には赤ちゃんがいたのです。

「この子は私の助けを必要としている」

と考えたリンさんは、

野良猫を自宅で保護しました。

出産が終わるまで、

面倒をみようと決意したのです。

リンさんが保護してから数日後に、

温かく見守られながら、

3匹の元気な子猫が生まれました。

寒い冬の出産は、

子猫の生存率も低くなります。

あのまま野良猫が野外で出産していたら、

子猫は助からなかったかもしれませんね。

この子たちに幸せを!

無事に出産を見届けたリンさんは、

母猫と3匹の子猫を、

地元の動物保護施設に預けたとのこと。

現在も施設で暮らしているそうです。

施設に預けられた猫の親子は、

今も一緒に生活しています。

若いお母さん猫が身ごもり、

行き場も無く困り果てていた時に、

出会ったのがリンさんでした。

母猫は安心した表情で、

感謝の気持ちを表しているようにも見えます。

偶然に出会ったリンさんが、

心優しい人で本当に良かったです。

せっかく救われた4匹の命、

素敵な飼い主さんと出会い、

幸せに暮らせるといいですね。