わんちゃん

飼い主と子犬が「お手」を練習していたら隣の先輩犬が自慢気に…(笑)

「お手」の練習中

 ワンちゃんにとって「お手」は基本的な芸なので、最初に教える飼い主さんも多いでしょう。きっと1年も経てば、「芸」とも言えないほどすんなりと簡単にできてしまうはず。

 とは言え、やはり初めは練習あるのみ。できたりできなかったりの繰り返しです。今回ご紹介するのは、子犬が「お手」の練習をしている様子を映した動画です。

子犬は飼い主さんのことを真剣に見つめてはいます。しかしまだキョトンとした状態なので、完璧にできるまではもう少しかかりそうです。

 飼い主さんも子犬も、引き続き練習です。けれど、それを邪魔する者が・・・。思わず笑ってしまう動画をご覧ください。



「お手」のお手本?

 「お手」の練習をしている子犬の隣で、先輩犬が見守っています。飼い主さんも子犬も真剣な顔で見つめ合っていますが、まだ意思疎通とまではいかないようです。

 飼い主さんが何度手を差し出しても、子犬は反応しません。その様子に苛ついていたのでしょうか?先輩犬が「こうだよ」と自分が「お手」をしてみせました。

 つられて子犬も、「お手」らしきことを興奮気味にやってみました。落ち着いたところで練習再開。飼い主さんが子犬に手を出すと、またまた先輩犬が横から「お手」をします。

 子犬は「やだ〜、邪魔しないで」と先輩犬に飛び掛かりました。しかし良いお手本のおかげで、子犬もすぐに「お手」ができるようになるでしょう。