わんちゃん

狼は「ワン」と鳴かないのに、子孫の犬はそう鳴く人間想いな理由がこちら!

ワンちゃんの気遣い

ワンちゃんの鳴き声といえば、「ワン」だと思います。

そんなワンちゃんの先祖は狼なのですが、狼は「ワン」とは鳴きません。

ではなぜ、子孫であるワンちゃんは「ワン」と鳴くのでしょうか?

これには、とても人間想いな理由があったのです。


私たちの耳と犬の耳とでは、キャッチできる周波数の幅が違います。

私達のまわりにいるワンちゃんたちは、

私たちに合わせて鳴き方を変えてくれていたのですね。

なんだか頭があがりません。



犬のコミュ力

実は、狼が近くの仲間に鳴くときは小さく唸るように鳴きます。

そして遠吠えは、仲間を呼ぶ掛け声のようなもの。

犬と狼はDNA上はほぼ同じです。

人と暮らしていくうちに、

「この人間、鳴いても理解していないな」と感じ、

人間に分かりやすく「ワンワン」に変えてくれていたのですね。


また、犬が人間と離れて暮らすと、

「ワンワン」とは鳴かなくなり、

狼の寄りの鳴き方になるのだそうです!

その場の環境に合わせて、

コミュニケーションをとっているという事ですね。

これからも人間の良きパートナーとして、

そのコミュ力を発揮して仲良くしていって欲しいですね!