泣ける

店員が心温まる言葉を領収書に綴った2時間後に起きた優しい繋がりとは?

優しい気遣い

アメリカのニュージャージー州で、

消防士として勤務しているティム・ヤングさんとポール・ハリングスさん。

2人はこの日の夜勤勤務中に倉庫で火災があり、出動しました。

幸い犠牲者もなく無事に消化活動を終えた朝5時半、

食事のためレストラン ダイナーにやってきました。

ueitoresu1

疲れきった様子の2人。

それもそのはず、彼らは多忙な勤務に追われ、

24時間食事を取っていなかったのです。

そんな彼らの会話を聞いてたのは、

ここでウェイトレスとして働くリズ・ウッドワードさん。

彼女は消防士としてハードな勤務をこなす彼らへ、

彼女なりの気配りをしたのです。

ティムさんとポールさんが食事を終え、

会計を済ませるためレジに行くと伝票にはメッセージが書かれてありました。

ueitoresu2

「今日の朝食は私持ちです。みんなのために、普通なら逃げなくてはならない場所へ入って行ってくれてありがとう。2人の役目は知らないけれど、とても度胸と勇気のある強い人たちだと思います。毎日、本当にありがとう!勇気を貰える、お手本のような存在です。しっかり休んでください!リズ」

このメッセージに感動した彼らは、

私欲を感じない彼女の行為についてFacebookで紹介し、

「みんなここで食事をして、リズという女性にチップを沢山あげて下さい。」

と投稿したのです!

そして、彼女の優しさが更なる優しさを呼ぶことをなるのです。



リズさんの父親

ウェイトレスのリズさんから受けた厚意に感動したティムさんとポールさんはその後、

彼女の父親の事情を知りました。

実はリズさんの父親は四肢麻痺で5年もの間、

不自由な生活を余儀なくされており、

またリズさんが父親の車椅子も乗車できる車を購入するための資金を集めるため、

募金ページを設立していた事を知ったのです。

ueitoresu4

そこで、ティムさんとポールさんはまた行動を起こします。

Facebookにリズさんの募金ページへの募金をするよう呼びかけたのです。

「俺たちに食事をおごってくれたこの女性も、また助けを必要としているみたいなんだ!」

その結果わずか数日で、

車の購入に必要な金額を遥かに上回る募金が集まったのです。

「私がやったのはただ単に朝食代を払っただけで、笑顔しか期待していなかったのに。お互いに優しくすること、本当に小さなことでも人生を変えることがあることがわかった」

リズさんはこのように語っています。

ueitoresu5

そしてまたリズさんの家族も、

リズさんのさり気ない心遣いによって繋がった人々の優しさと、

そのキッカケを作った消防士達に感謝しています。

私利私欲のない優しさが優しさを生み、

それが誰かの幸せに繋がるといことを感じさせてくれるエピソードでしたね。