びっくり

ビル・ゲイツが「日本で唯一信頼できる友人」だという日本人の正体とは!?

中卒が選んだ仕事

世界一の億万長者と言われる、

マイクロソフト社の社長を務めるビル・ゲイツさん。

そんな彼には、日本人の中に唯一信頼できる友人がいるそうです。

世界一の億万長者にたった1人だけ信頼できると言われるような日本人は、

いったいどのような人物でしょうか?

世界一の億万長者であるビツ・ゲイツさんに、

「日本人でたった一人信頼できる友人」

と認められた女性は昭和14年に関西地方で生まれました。

幼くして両親を失ったことから、

中学を卒業したらすぐに働かなくてはならず、

最終学歴は中卒となりました。

地元の大手百貨店に就職するために面接を受けに行くと、

彼女に両親がいないと分かった企業の面接官は、

とても冷たい態度をとったそうです。

そんな面接官に対して、

彼女は次のように言い放ってその場を後にしました。

「私のような者に働き口を提供するのも、あなた方の仕事なのではありませんか? これで失礼します。」

孤児という、

自分ではどう改善することもできないことで見下されたことに、

彼女は悔しくて涙を流したと言います。

やがて彼女は結婚して子供を出産し、

家計のために仕事をするようになりました。

その時選んだ仕事は、いわゆる清掃のおばちゃんでした。

「ヒゲ、ソーリー」

清掃のおばちゃんはとても過酷な仕事でした。

朝早くに出勤し、休みは不定期。

時にはかなり遅くにならないと帰れないこともあったそうです。

それでも彼女は一生懸命に仕事をこなし、

いつしかマイクロソフトの日本支社のビルで、

清掃責任者を任されるほどになりました。

約30名をまとめるリーダーに任命されながらも、

彼女自身も現場で一生懸命に働きました。

そんなある日、男子トイレの掃除が終わって出ようとした時、

一人の外国人男性とぶつかってしまいました。

外国人の方が「I’m sorry」と発言したのに対し、

咄嗟に彼女は「ヒゲ、ソーリー」と答えてしまったそうです。

しかし外国人男性は日本語がわかる方で、

自分のアゴをさすりながら「ひげ剃り?」と笑っていたと言います。

その外国人こそ、ビル・ゲイツさんだったのです。

ちなみにビル・ゲイツさんは日本という国が大好きで、

会社では常に日本の作業着を着ているそうです。

そしてどこかへ出かける際は、

常に2名のボディガードを引き連れています。

しかしトイレで用を足すときだけは、

ボディガードを外で待機させているのです。

だからこそ、

その清掃のおばちゃんとこんなやりとりができたのかもしれませんね。

しかし、

ビル・ゲイツさんと清掃のおばちゃんが交わしたやりとりは、

たったこれだけ。

この誰でもすぐに忘れてしまうような出来事が、

清掃のおばちゃんに信じられない出来事を巻き起こしたのでした。

その後、なんと彼女はクリスマスに行われる、

マイクロソフトの日本支社のパーティに招待されたのです。

仕事中であった彼女は、

「他の掃除のおばちゃんたちもいるから行けません」と断りました。



日陰の人?

するとその後、再び彼女に次のような連絡が入りました。

「おばちゃんたち全員、参加してください。ビル・ゲイツ社長からの直々の依頼です。」

ひとまずその日出社していた清掃のおばちゃん全員を集め、

パーティに出席することに。

もちろん、オシャレなんてせずに作業着のままです。

会場にはたくさんの人がいて、

当然その中にはビル・ゲイツさんもいました。

そしてビル・ゲイツさんが彼女を見つけると、

「よく来てくれました!」とこれ以上ないほど嬉しそうに歓迎し、

全ての社員に向けて彼女をこのように紹介したのです。

「このおばちゃんはすごい日本人で、僕が大好きな人です!」

そこにいる誰もが、

この発言が冗談ではなく本気で彼女を尊敬しているのだと気付きました。

清掃のおばちゃんは、

とかくその存在を忘れられがちではないでしょうか?

しかしビル・ゲイツさんは、

その女性がそんな清掃の仕事に長く携わり、

誇りを持って働いていることを瞬間的に見抜き、

そこに日本人本来の素晴らしい部分を見たのだとされています。

ちなみにこの女性の旦那様は、

経理として働いていた会社でその手腕を認められ、

定年後も会社に残って素晴らしい待遇をいただいているそうです。

女性がわざわざ自ら清掃のおばちゃんとして、

働く必要もないほどなのだとか。

しかし、彼女は次のように語っているそうです。

「働かないと体がなまるし、働くことで毎日人のお役に立てれることがとっても嬉しいのです。」

世界一の億万長者に認められるほどである彼女の精神は、

私たちも見習って受け継いでいくべきなのではないでしょうか?