びっくり

この階段の手すりが、とても不便だと言われる理由が分かりますか?

不便な手すり

よく公園などで見かけるこの手すり。

使ったことはありますか?

そして、この手すりを使ったときに不便さを感じましたか?

大半の方は、不便さを感じたことはないでしょう。

むしろ手すりなんて、

普段使わない方が多いのではないでしょうか?

tesuri3

実際駅や公園などで、

手すりを使って階段の上り下りをしている姿を見かけるのは、

ご老人であったりお体が不自由な方ではないでしょうか?

そんな実際にいつも手すりを使っている方からすると、

この手すりはかなり不便なのだそうです。

数年前に脳内出血により、

身体の右側が不自由になってしまったという方が、

Twitterで手すりについてコメントしていました。

手すりが階段と同じ長さで終わっていると、

最後の1段を上り下りするのが危険だったなんて知っていましたか?



理想の手すり

手すりの長さなんて普段生活している中だと、

ほとんど気にしないのではないでしょうか?

しかし言われてみれば、

体を支える手が後ろにあるのですからバランスがとりにくく、

危ない体制になってしまいますよね。

普段手すりを使っている人からすると、

この手すりは本当に危険なものなのですね。

本当は、階段の終わりから一歩分以上、

手すりが続いているものが理想なのだそうです。

tesuri4

確かにこの手すりなら、

体を支える手が体の前に出せるので、

バランスを崩しにくいですね。

ちなみに国土交通省は、

“公共交通機関の旅客施設に関する移動等円滑化準備ガイド”で、

望ましい手すりについてこのように説明しています。

手すりの長さ

始終端部においては、手すりの水平部分を60cm程度以上とする。階段の始点、終点は、通路から120cm程度後退させ、平坦なふところ部分をとることが望ましい。

国土交通省より引用

階段の終わりから長さに余裕を持たせることで、

最後の1段まで安全に階段の上り下りが、

できるようにしているのですね。

そして手すりが長くなる分、

通路までの距離も余裕を持たせる必要も出てくるのです。

普段何気なく使っているものにも、

不便さがあったのですね。

誰でも使いやすく快適な生活ができるように、

こういった不便さが徐々に改善されていくといいですよね。