びっくり

ツラそうにしている人の心を軽くするのは「大丈夫?」という言葉ではなく・・・

ツラそうな人をみると、

ついつい「大丈夫?」と声をかけていませんか?

おそらくそうしてしまう方がほとんどだと思いますが、

この言葉にはありがちな反応をしてしまう力があります。

「大丈夫?」と聞かれて、

とりあえず「大丈夫!」と答えていませんか?

本当に大丈夫な時には何にも問題はないのですが、

そうでない時は色々な問題を引き起こしてしまいます。

「大丈夫?」より効果のある言葉

ツイッターのユーザーのコジさんも、

初めは「大丈夫?」と声をかけていたそうです。

しかしほとんどの人から、

「大丈夫!」という答えが返ってくることから、

「駄目そう?」と声をかけるようにしたそうです。


そうすると8割方の人からは

「大丈夫」と返してきましたが、

もう2割の人かは

「ちょっと駄目!」と本音と漏らしてくれる様になったとのこと。

この声には多くの賛同の声が寄せられました。



「駄目そう?」についつい本音

「大丈夫?」と聞かれると、

本音を言いにくいと感じることはありませんか?

それを「駄目そう?」に変える事によって、

「つらいのを分かってくれているんだ」

という安心感から本当の気持ちを伝えることができる、

と考えられています。


一番大切なのは、

相手の気持ちに寄り添うことではないでしょうか?

実際にはなかなかできないし、

自分のことで精一杯という人がほとんどだと思います。

ほんの一言を変えるだけで、

こんなに人と寄り添えるなんてすばらしいと思います。

「駄目そう?」に似た言葉

いくつかあるのですが、

「つらかったね?」はいかがでしょうか?

精神的に大変な時に、

これを言われたらかなり心が軽くなるのではないでしょうか?

もし、つらそうな人の気持ちに寄り添う事が困難だったら、

相手の感情を推測して代弁してみて下さい。


それができたら、相手の人は本音を漏らしてくれると思います。

励ますより共感をする事が大切。

これはとても参考になりました。

ツラそうな人がいたら、

その人の気持ちに寄り添っていける言葉をかけていきたいと思いました。

そうすることによって、

実りの多い人間関係を築いていけると思います。