びっくり

医者が語った風邪をひく本当の原因→第1位はまさかの・・・

風邪をひいて仕事に支障をきたす、

なんてことは避けたいですよね。

自分なりの予防をしているつもりでも、

実はそれが間違いかもしれません。

せっかくの風邪対策なのにそれが意味をなしていない、

というのはショックですよね。

医師からきいた風邪をひいてしまう原因が述べられたツイートが、

話題になっています。

無意識にしていることで、

実は危険度が高い行動があったのです。

風邪は万病のもと

そもそも風邪とはどんなものなのでしょうか?

呼吸器系の炎症性の症状のこと。またその状態を表す総称である。正式名称は、「感冒」や「急性上気道炎」医学的には「風邪症候群」と呼ばれる。

咳嗽、咽頭痛、鼻汁、鼻づまりなど局部症状、および発熱、倦怠感、頭痛などの全身症状が出現する。

出典:Wikipedia

文字にすると難しい感じもしますが、

このような症状には頻繁に悩まされますよね。

風邪は万病の元とも言われています。

原因を知って、

一刻も早く対処したいものですよね。



感染径路から見る予防法

飛沫感染や空気感染などが感染径路ですが、

普段している何気ない行動が、

いつのまにか風邪を促していることがあるのです。

風邪の原因となるのは細菌やウイルスです。

これらを遠ざけなければなりませんよね。



侵入経路としては粘膜です。

特に鼻の粘膜が盲点といえます。

いつの間にか素手で顔に触れて、

粘膜にも触れてしまうことで、

感染を許してしまっていませんか?

普段の行動を振り返ってみてください。

手洗い、うがいの徹底

これから特に流行りだすのが、

インフルエンザやノロウイルスなどの感染症です。

これらにへの一番の対抗策となるのが、

以外にも「手洗い・うがい」です。

小学生のころからずーっといわれてきていることですが、

これこそが風邪の予防の鉄則なのです。

手の洗い方も十分にしましょう。

指の付け根、爪、手首なのが盲点ですよ。

健康にこの冬を乗り切るために、

手洗い・うがいは習慣にした方が良さそうです。