びっくり

発達障害の子供へのより良い話し方をまとめた「声かけ変換表」に大反省!

発達障害

「どうしても部屋が片付けられない」

「雑音が気になる」

「字が上手く書けない」

「会話の空気が読み取れない」など、

日常のちょっとしたことが障害となる

『発達障害』が一般的に認識され始めたのは、

最近のことではないでしょうか?

『発達障害』とは脳機能障害の一種で、

他人とのコミュニケーションをとるのが得意ではありません。

遺伝と環境が原因とされていますが、

はっきりとしたことは分かっていないのが現状です。

それでも間違いなく言えるのは、

「本人のせいではない」ということです。

コミュニケーションが苦手なばかりに、

イジメの対象となりがちな発達障害。

根本的な治療はまだ発見されていませんが、

周囲の適切な対応で症状を緩和できるそうです。



声かけ変換表

とにかく子供はジッとしていません。

危ない場面では、

思わず怒鳴り声を上げてしまいがちですが、

次のような例が取り上げられていました。

・「うるさい!」→「声を『これくらい』にしてくれる?」=実例にして示す

・「走るな!」 →「歩こうね」=冷静にするべき行動を示す

・「危ない!」 →「止まって!」=とりあえず危ない行動を止めるために、止まることを指示

例えば「危ない」では、

抽象的過ぎて理解できません。

これらの言葉は、

子育て中の方なら誰でも口にしてしまいそうですが、

確かに表で見てみると、

何に対してどうなのか怒鳴っているだけでは、

子供には伝わりませんね。

発達障害のお子さんなら怒鳴られて怯えているうえに、

どうしたら良いか分からないので、

余計に混乱するのではないでしょうか?

より良いコミュニケーション

変換前の言葉を見ると、

かなり余裕のない親御さんに見えますね。

子供たちは日々このような注意を受けて、

育っているのかと思うと辛くなります。

また、一見優しそうに思える次の言葉も、

変換表を見ると否定的です。

「(転んで)痛くない、痛くない、痛くな~いッ!」などは、

実際は痛くて泣いているのですから否定はよくないですね。

変換表によれば、

「痛かったね~」と共感すれば早く治るそうです。

「雨なんか降らんよ~、大丈夫」も、

何を根拠に言っているのか分かりません。

子供だからごまかそうとしているとしか思えません。

これに対して表によれば、

「雨は〇%の確立…」

など根拠を示して対処を示しています。

この表を見て考えさせられた方も多いと思います。

発達障害の子供たちだけではなく、

人との基本的なコミュニケーションで、

とても大切なことを示しているのではないでしょうか?