猫ちゃん

サーバルキャットに全身で愛情表現される飼い主!猫好きなら誰もが憧れる?

猫のことが好きな方なら、

ワイルドな猫と一緒に暮らしてみたい、

と思う方もいるのではないでしょうか?

ライオンやトラなどの大型ネコ科動物だと、

一般の人は飼う事ができませんが、

野性味あふれる「サーバルキャット」なら、

どうにか一緒に暮らせるかも知れません。

女性の背中に乗っているのは、

体格から言ってサーバルキャットのようです。

どう見ても普通の家猫よりも大きいですね。

決して太りすぎの体型ではありません。

サーバルキャットの体長は60~100センチ、

体重は8~18キロです。

黄褐色の毛色に小さな黒い斑点のある姿は、

まさにサーバルキャットです。

そんなサーバルキャットは、

意外にも甘えん坊なようです。



サーバルキャットとは?

サーバルキャットは、

アフリカのサバンナに生息している、

ヤマネコの仲間です。

サバンナ出身ということもあり、

ほっそりとした体つきです。

獲物や敵の動きをキャッチする、

野生的な大きな耳を持っています。

家猫と比べ四肢が長いので、

運動能力が格段に違います。

そんな体の割には顔の小さなサーバルキャットは、

スマートでとても美しいネコ科の動物です。

しかしこの子は、

かなり女性に甘えているようですね。

野生ではとても神経質で警戒心の強い動物ですが、

小さな頃から人間に育てられたサーバルキャットは、

人に従順で神経質な分、

飼い主の感情を読み取ることができるそうです。

甘えん坊?

その子を飼い主さんが愛するほど、

気持ちが伝わり従順になるとのこと。

認識能力も強く、

心を許した飼い主さんを一途に愛するそうです。

また甘えん坊で、

寂しがり屋な一面もあるそうです。

あまりの熱愛ぶりに飼い主さんも苦笑いをしています。

ふたりには、深い信頼関係があるのです。

猫好きにはとても羨ましい光景でしたが、

サーバルキャットは気軽に飼育できる動物ではありません。

希少価値があるため値段も高額で、

飼育には許可が必要です。

高嶺の花であるサーバルキャットに、

とても愛されている女性がとても羨ましいですね。