猫ちゃん

「障害はこの子が持つ魅力の1つ」脳障害を抱えた子猫に愛情を注ぐ女性の想いに感動!

脳障害を持つカヌー

2018年3月中旬、

1匹の子猫がアメリカのシカゴの路上で、

歩いていたところを保護されました。

カヌーと呼ばれるようになった子猫は、

「小脳低形成」という先天性の脳障害や口蓋裂、

結膜炎に上部気道感染など、

多くの病気や障害を抱えていたそうです。

動物愛護団体のスタッフはこのように語っています。

「脳障害を抱えているせいで、彼女(カヌー)はバランスを上手く保つことができません。彼女が路上で保護されたときはすでに、ふらふらと不安定な歩き方をしていたそうです。」

カヌーは必要な治療とケアを施設で受けた後、

リンジーさんという預かりボランティアの自宅へ移されました。



必要としていたもの

家に着いたばかりのカヌーは、

動くこともできないほど疲れ切っていました。

しかし温かいベッドでゆっくりと眠ったおかげか、

翌日にはかなり元気な姿を見せてくれたとのことです。

リンジーさんはこう話しています。

「元気になったカヌーは喉を鳴らしながら甘えてきました。長い間ひとりぼっちで生きてきた彼女が、一番必要としていたのは愛情だったようです。」

カヌーはリンジーさんに頭を撫でられたことで、

幸せそうな表情を浮かべました。

それはリンジーさんを信頼しきっている、

ということなのでしょう。

障害=欠点?

カヌーの里親さんについては、

彼女が抱える障害と病気の影響で、

探すのに時間が掛かるかもしれません。

しかしリンジーさんは、

素敵な里親がいずれ現れると信じており、

それまで責任を持ってカヌーの面倒を見ていくと話しています。

らに彼女は、このように語っています。

「カヌーは他の猫と見た目が違っており、上手く歩くこともできません。しかしそれらは欠点ではなく、魅力の1つだと思います。障がいを抱えているだけで偏見を持つ人もいますが、他の猫にできてカヌーにできない事は何もないんですよ。」

リンジーさんの言うように、

カヌーを丸ごと受け入れてくれる、

素敵な里親が早く迎えに来ると良いですね。