猫ちゃん

母性に溢れた母猫は、安心できるまで絶対に我が子を離そうとしなかった・・・

母猫の中には子猫が貧弱な体で生まれた場合に、

そのまま放置することもあるとされます。

しかしこれからご紹介する母猫は、

必死で我が子を守りました。

野良猫一家

ある日のこと、

3匹の子猫を持つ母猫が保護されました。

その母猫は

「スプリンクルス」と名付けられます。

生まれてわずか4日目の子猫を抱えたスプリンクルスは、

一時も子猫達から離れようとしません。

動物保護団体

『Progressive Animal Welfare Society』が、

一家を保護しました。

しかしスプリンクルスの様子を見て、

彼女が安心して子育てができる環境が必要と考えたのです。

子育てができる環境の里親を探したところ、

アシュリーさんという方が里親になってくれることに。

果たしてスプリンクルスはアシュリーさんのもとで、

無事に子猫たちを育てることができるのでしょうか?



強い警戒心

アシュリーさんの家で、

小さな子猫たちを守り続けるスプリンクルスは、

しばらくは食べ物を拒否するほど、

警戒心を見せました。

しかしアシュリーさんは黙って、

彼女が自分に心を許すのを待ちます。

ある時アシュリーさんが、

静かにスプリンクルに手を差し伸べてみると、

彼女は匂いを嗅ぎ顔も擦り付けてきたのです。

やっと安心できる場所だと、

理解してくれたようです。

そしてこの日からアシュリーさんとスプリンクルの、

子猫達を育てる日々が始まりました。

まだ目も開いていない小さな命を、

ふたりで大切にお世話をします。

3匹の子猫は、

「ココ」「フリッター」「メイプル」

と名付けられます。

2匹の子猫は順調に育ちましたが、

一番小さなメイプルはほとんど体重が増えませんでした。

子育て奮闘記

そして懸命にお世話をしたものの、

1週間後には天国に旅立ってしまったのです。

母猫のスプリンクルは最後までメイプルに寄り添い、

すべてを悟ったようでした。

スプリンクルはその後も懸命に子育てをします。

アシュリーさんが見守る中、

安心してトイレに行き、

ご飯もゆっくり食べられました。

ココとフリッターは順調に成長し、

目も開いて来ました。

今では部屋の中を探検するまでに、

成長したそうです。

また子猫達が寝ている時には、

スプリンクルがアシュリーさんに甘えるそうです。

気が張っている彼女には、

休息が必要なのかも知れませんね。

優しい里親ママに見守られながら、

安心して子育てができたスプリンクル。

悲しい出来事もありましたが、

2匹の子猫が無事に成長してくれるといいですね。