猫ちゃん

いたずらBANKを完全再現したら「同情するなら金をくれ」状態に!?

いたずらBANKとは、魚の骨しかないお皿にお金を置くと段ボールの蓋が開き、

猫の手が伸びて箱の中にお金を入れるというおもしろ貯金箱です。

しかしここでご紹介したいのは、そんなかわいいおもしろ貯金箱ではありません。

なんとこの貯金箱の猫を、本物の猫で実験したひとがいました。

あるTwitterユーザーが段ボールに小さな丸穴を開け、愛猫を入れて実験してみました。

果たして猫は、お金を段ボールに引き入れるでしょうか?

完全再現!?

貯金箱のように、蓋が開いてお金を入れる方式ではありません。

蓋が開くと逃げる可能性があるので、このような形になったと思われます。

箱の中に猫を入れ、投稿者さんが穴の近くに硬貨を置いてみました。

するともの凄い爪を立てて、前足が飛び出しています。


猫の爪はかなり鋭いので引っかかれると流血し、腫れてしまうこともあります。

可愛らしい光景どころか、恐怖すら感じますね。

もはやお金を貯金するどころではありません。

もしかして、金額が気に入らなかったのでしょうか?



ネットの反応

「なかなか難しいものです」とのコメントをする投稿者さん。

確かに、貯金をしているのか攻撃されているのか、よく分からない状態になっています。

根気強く硬貨を置き続ける投稿者さんですが、

「邪魔だ!」といわんばかりにすごい勢いで前足を出す猫。

しかし飼い主さんの手はわかるのか、手を差し出した時には優しく前足をのせました。(笑)


貯金は上手く行きませんでしたが、

この検証動画にはたくさんのコメントが寄せられています。

大金が貯金できそうな大きな貯金箱でしたが、

受付係が違うモードのやる気になっているので無理そうですね。