びっくり

皮膚に彫ると多くの命が助かるかもしれないタトゥーに世界中の医者が注目!

糖尿病

現代病と言われる「糖尿病」。

一度発症してしまった場合、一生付き合って行かなくてはならない病気です。

国際糖尿病連合(IDF)が、

世界の糖尿病(1型・2型糖尿病)の人口が爆発的に増え続けていると発表しました。

2015年には、有病者が4億1,500万人になったそうです。

このまま有効な対策をしなければ、

2040年までに6億4,000万人を超えると予測されているそうです。

日本は成人の人だけでも患者数は700万人を超え、

世界で9番目に多いと言われています。

糖尿病患者の方はインスリン投与のタイミングを逃すと、死に至る場合があります。

そのため、血糖値を測定するために針で採血をする必要があります。

近年ではいくつかのテクノロジー企業が、

針を刺して採血検査をしないですむ血糖値監視製品の開発に取り組んでいます。

そんな中アメリカ・マサチューセッツ工科大学(MIT)のメディア・ラボと、

ハーバード大学医学大学院の研究チームが、

「バイオセンサー」の開発に共同で取り組んでいるそうです。



新しいタトゥー

そのプロジェクトとは「ダーマル・アビス(DermalAbyss)」という、

肌に掘られたタトゥーを利用したものです。

これはタトゥーの色の変化で血中のブドウ糖レベルやpH、

その他体内の代謝状態を計測できるバイオセンサーになるそうです。


このセンサーは血管と細胞の空間を満たす、

「間質液」の変動によって色が変わる仕組みです。

タトゥーはインクの代わりになり、

現在は「紫からピンクに変わるpH値センサー」「青から茶色に変わる血糖値センサー」

「蛍光の強度が変化するナトリウム値センサー」などが研究されています。


このタトゥーの研究が進めば、

糖尿病患者の方はタトゥーの色で血糖値レベルが分かるため、

面倒な採血の必要が無くなるのです。

実験結果

話題を呼んでいるタトゥーですが、現段階では製品化や臨床実験の計画はないそうです。

しかし、人間に近い皮膚を持つブタを使った実験では、成功しているそうです。

『MITメディア・ラボ』のシン・リュウ氏は次のように述べています。


「製品化するまでには長い時間がかかりますが、大きな可能性を持っています。すでに糖尿病を抱えるひとから、試したいとのメールを多数いただいています」

今の研究段階ではアレルギー反応や持続性についてなど、まだ不明な点が多いとのこと。


また、『ダーマル・アビス』はタトゥーインクのように使えるため、

好みのデザインを選ぶことも可能なのだそうです。

健康バロメーターでありつつ、ファッションとしても注目を集めそうです。

一刻でも早く製品化され、病気の方々の苦労が軽くなれば良いですね。