びっくり

なりやすい病気が誕生月で決まる!?特にアンラッキーな生まれ月は・・・

「誕生した月で病気が決まる?」

これは占いではありません。

生まれた季節によって病気の事や出生体重、寿命や思春期の始まりが変化すると、

科学研究のデータが実証しているそうです。

3月

高リスクなのは、「心室細動・冠状動脈硬化・うっ血性心不全・僧帽弁疾患・前立腺がん・花粉アレルギー」です。

女性では「肥満・拒食症」です。

低リスクは「月経痛・急性扁桃炎」です。

4月

高リスク「心筋症・急性心臓病・慢性心筋虚血症・呼吸器疾患・アルコール依存症」です。

低リスク「近視と遠視」です。

5月

リスクが最も低い月とされています。

比較的高いリスクは、「多発性硬化症・グルテン不耐症・晩年の自殺の高さ」です。

低リスク「癌・風邪」です。

6月

高リスクは、「ストレスによる食欲不振(拒食症のリスクが30%平均を上回る)・糖尿病・心筋梗塞・ぜんそく」です。

低リスクは、「癌・性的感染症」です。

7月

5月の次に病気になりにくい月です。

比較的高リスクなのは、「消化器系・歯や骨の弱さ・1型糖尿病」です。

低リスク「癌・女性は安産」です。

8月

高リスクなのは、「結膜炎・ハウスダストやダニのアレルギー」です。

低リスクなのは、「心臓病」です。



9月

高リスク「喘息・急性気管支炎・中耳炎・適応障害」。

また嘔吐しやすい体質が多いそうです。

低リスク「糖尿病・狭心症・心筋症・扁桃炎」です。

10月

病気が最も多い月とされています。

高リスクな病気は、「風邪・急性咽頭炎・急性気管支炎・胃の障害・視覚不良・近視・遠視・月経痛・性的感染症・出産時の会陰裂傷」です。

一方低リスクなのは、「前立腺がん・心疾患・高血圧」です。

病気の多い月ですが、ご安心下さい!

長生きが多い月でもあります。

11月

高リスク「急性気管支炎・ウイルス感染症・神経疾患・ADHD・肥満・2型糖尿病・心血管疾患」です。

低リスク「平均寿命が長く、再現が上手く行く傾向がある」です。

12月

高リスクなのは、「ミミズ腫やあざが残りやすい・総合失調症・躁うつ病・ADHD・急性扁桃炎・非感染性胃腸炎・下痢・非炎症性膣疾患」です。

一方で低リスクなのは、「糖尿病・心臓病・長生きの人が多い」です。

1月

高リスク「高血圧・心筋症・2型糖尿病・肥満・うつ病などの精神疾患」です。

低リスク「中耳炎・喘息・長生きの人が多い」です。

2月

高リスク「免疫系・肺や気管支の癌・動脈硬化症・花粉アレルギー」です。

低リスク「虫にさされにくい・気管支炎・視覚不良・胃の機能障害」です。

季節の要因

生まれ月によってなぜ病気が違うのでしょう?

例えば夏生まれの赤ちゃんは体重が重くて健康に育ち、思春期も遅く来るそうです。

また、妊娠中のビタミンDの生産量によって健康に違いが出るとも言われています。

そのため、冬や春など日照時間が少ない季節や母体の運動量の違いなどで、

季節によって差が出るというわけですね。

これらのデータはアメリカで集められたもので国によって季節も異なりますが、

何かの参考にしてみてはいかがでしょうか?

また、病気が多い方が長生きをする傾向があるのも興味深いですね。