泣ける

トルコの市長がスピーチを中断➡︎自ら海に飛び込み、ダイバーを救出!

スピーチ中断

今から60年異常前の1958年、トルコのユスキュダルというところで、

272人もの尊い命が失われる海難事故がありました。

その甚大な被害から、この事故は「ユスキュダルの惨事」と呼ばれれています。

2017年3月1日、そんな大規模な海難事故を悼む式典が、

現場近くの桟橋で執り行われていた時のことです。

出席者の一人であるトルコ北西部カラミュセル市長、

「イスマイル・ユルドゥルム」氏が壇上でスピーチをしていました。

しかし突如として言葉を切り、スピーチを止めてしまいました。

ユルドゥルム氏がスピーチをしていたその時、海には2人のダイバーが入っていました。

ダイバーの役割は式典の演出の1つとして、

大きな花輪を現場近くの海面に浮かべるというものでしたが、

ユルドゥルム氏はスピーチの最中にも関わらず、

そのダイバーのうちの1人の異変を感じ取ったのです。



見事な救出劇

飛び込んだユルドゥルム氏は一気にダイバーの元まで辿り着き、

今にも溺れそうだったダイバーを支えます。

そして岸までゆっくりと着実に運んでいくと、その様子を見ていた人たちも手を貸し、

ダイバーを引き上げました。

市長が飛び込んだのは、もともと泳ぎに自信があってのことだったようで、

無事に女性ダイバーを救出できました。

ダイバーも市長も無事でしたが実はこの時、

女性ダイバーは水の中で意識不明となって溺れかけていたところ、

というギリギリの救出だったのです。

その様子を見ていた周囲の人たちからは、ユルドゥルム氏を称賛する拍手が起こりました。

海難事故を悼む式典で発生したアクシデントでしたが、

市長の瞬間的な判断と行動がさらなる悲劇を回避し、

2人とも無事に済んで本当に良かったと思います。

出典:Facebook/dailymail