泣ける

夫がなぜ長時間の残業をするのか分からなかった女性は1枚の写真を見て涙!

ソーシャルワーカーという仕事は、

色々な事情で家族と一緒に暮らせなくなった未成年の少年少女や幼い子どもたちが、

それぞれに必要な支援をしっかりと受けられるようにすることです。

精神的な消耗がある大変な仕事であり、

多くのワーカーからは理解されにくい仕事です。

ソーシャルワーカーであるジェイソン・ハックマンさんは、

毎日残業を行っていました。

海外において残業は愚かな事としてとらえられており、

定時以上の仕事を行うことはほとんどありません。

そんな中、彼の奥様であるシェリーさんが、

SNS上に一枚の写真と心温まるメッセージを投稿したことで、

多くの反響が集まりました。

心温まる写真とメッセージ

州政府の家庭と子どもサービス課の職員である、

シェリーさんの夫のジェイソンさん。

彼は他の多くの職員たちと同じように、

やりがいはあるけれどほんの一握りの人にしかできない仕事で、

感謝されることがほとんどない仕事をしています。

ですから何か素晴らしいことが起こっても、

ケースワーカーや調査官が評価されることはほとんどないのです。

ある日、写真にいる赤ちゃんを州政府が保護することになりました。

赤ちゃんの引き取り先の児童養護施設が決まるまでの間、

彼は終業後何時間も残り何時間も早く仕事に行き、

その子の親の代わりをすることになりました。

赤ちゃんにとって家族と離れることはとても不安なことです。

彼は赤ちゃんが安心できるよう、

馴染みのない場所で神経質になっていた赤ちゃんをなだめました。

ジェイソンさんの腕に支えられ、赤ちゃんは安心しきったのでしょう。

すやすやと眠る様子が見てとれます。

それは、ふたりにとってとても特別は瞬間でした。



ソーシャルワーカーの現実

悲しい現状に侵されてしまった世界に放り込まれた子どもたち。

銃社会が抱える問題や激しい論争などの応酬、

身勝手でバカバカしい泥沼の世界に放り込まれても、

彼らは日々闘っています。

そして、懸命に闘っている子どもたちを保護する人々もまた、

見落とされてしまっているという事実。

ジェイソンさんたちソーシャルワーカーに支払われる賃金は少なく、

その上彼らの愛情あふれる仕事ぶりは、世間に認められていません。

「やった、DFACS(州政府の家庭と子どもサービス課:Department of Family and Children services)が来たよ」などという言葉は聞いたことがありません。

DFACSの職員が来るとみんな逃げて避けて嘘をついて、

子どもを助けるためだというのに誰も協力しようとしないのです。

この写真は普段誰にも知られることのない、

こうした職員たちの愛と思いやりの姿を捉えたものです。

ソーシャルワーカーであるジェイソンさんは、

赤ちゃんが安心できるようにという思いから2時間も早くに出勤し、

終業後何時間も残業しているのです。

もっと注目して…!

シェリーさんの夫であるジェイソンさんは仕事以上の感情を持ち、

子どもたちに愛情を注いでいます。

このような事実こそ多くの人たちの目に触れるべきですが、

評価されることがないというのが実情です。

この写真は赤ちゃんが安心できるようにと、

ジェイソンさんが赤ちゃんをやさしく抱いている様子が温かく感じられる1枚であり、

心から拍手を送りたいと思わずにはいられないものです。

ジェイソンさんがいかに子どもたちのことを考えているか分かる写真と、

妻であるシェリーさんのメッセージは、

家族と暮らせなくなった子どもたちのことを支援しているソーシャルワーカーに対しても、

理解すべきではないかと語りかけているようにも思えます。

一人の愛情が幼い子どもの安心となることを、

もっと広く知ってもらうことが必要ではないでしょうか?