びっくり

天文学的にわずかな数字しか出現しない、頭が2つある野生の双頭蛇を発見!

貴重なツーヘッド・シマヘビ

天文学的数字の確率で生まれたと考えられる、2つの頭を持つ蛇が話題に。

「ツーヘッド・シマヘビ」と言います。

とても貴重で学術的にもなっているのですが、

そんな蛇がなんと日本で発見されていたのです。

しかも改良などではなく、野生で生まれるということもまた、

希少さに拍車をかけています。

2016年10月1日頃に関西で発見された「ツーヘッド・シマヘビ」。

現在は第一発見者の方から、

“マスターオブドラゴン”という爬虫類のペットショップが譲り受けているそうです。

小さいのでハンドリング(手に乗せること)もできるのですね。

格好良いし、なんだか可愛らしいとも感じます。

随分お互いに勝手な動きをしていますが、

元気に長生きしてほしいですね。



ネットでも話題に!

本当に2つの頭が好き勝手に動くので、

「裂けたり怪我をしたらどうしよう!」という気持ちにもなります。

この「ツーヘッド・シマヘビ」はまだ子供なので小さいようですが、

シマヘビは大きくなると80~200センチにもなるのだそうです。

また各地で見かける日本固有の蛇で生息地域で得る餌により、

小さかったり大きかったりするのだそうです。

皆さんのお近くにも生息しているであろうシマヘビ。

「ツーヘッド・シマヘビ」を探してみるのも良いかもしれませんね。