びっくり

日本に3週間滞在した外国人が感じ取った日本の素晴らしさを表現した動画に感動!

多くの日本人は自分たちの国の自然、文化、

伝統の素晴らしさに、逆に気づいていないかもしれません。

外国人の方が日本の自然の美しさと文化、

伝統の素晴らしさについて敏感かもしれません。

富士山に象徴される日本の自然、

新幹線に象徴される技術社会、

サブカルチャーの盛り上がり、そして日本の伝統、

これらをドイツ人青年が映像にまとめて全世界に紹介しています。

この映像を見ると、

日本を見る彼の視点が日本人の私たちの視点と、

変わらないものだと分かります。

doitu1

映画などで日本を描いたシーンで、

日本人が見れば「?」と感じるような違和感がないのです。

映像の作成者の名前は、Vincent Urbanさん。

3週間に渡って東京、大阪、京都、広島を訪れ、

4分の映像「in Japan 2015」にまとめました。

とにかく日本の美しさを余すところなく撮影しています。

「in Japan 2015」おすすめ画像

すべてが美しいのですが、

独自におすすめ画像を5つ選びました。

1、竹林

doitu2

竹林の映像、透明感がありみずみずしさに満ちています。

下から見上げる形で竹林をとらえていることで、

見ている人が実際に竹林を訪れて、

竹をみているような臨場感をだしています。

2、日本の若者

doitu3

日本の若者たちの、

エネルギーに満ちた姿とサブカルチャーへの視点も忘れていません。

3、日本の自然

doitu4

日本の自然の美しさを再認識させてくれる画像。

4、宮島

doitu5

「宮島ってこんなに美しかったのか!?」と思うような画像ですね。

5、富士山

doitu6

「富士山って、やっぱり綺麗だ!」と思うような画像です。



ネットの反応

この映像に対してネット上の反応は、

主に日本人からコメントが寄せられ、

全て肯定的な評価ばかりです。

代表的なコメントは以下です。

・素晴らしい!

・ありがとう

・プロだ

・日本人に生まれてよかったと思わずにいられない

この映像の美しさを是非、実際に体験してください。

ネットのコメントのように、あなたもきっと

「日本人に生まれてよかったと思わずにいられない」

と感じるでしょう。

この映像の良さは美しさと共に技術社会、伝統文化、

若者文化に代表されるサブカルチャーが共存する、

日本社会の姿への視点があることです。

だから違和感を抱くことなく、

この映像を日本人は受け入れることができるでしょう。

日本の事は日本人にしか理解できないんだという意見もありますが、

この映像はそのような意見をくつがえす力を持っています。

是非ご覧になってください。