びっくり

たった15秒でもやしの保存期間をグッと伸ばす方法とは!?

日々の食費を浮かせるための、

世のお母さん方の強い味方といえばもやしでしょう。

ひと袋30円前後でかなりお買い得。

特売の日には、10円なんてこともある食材です。

しかしもやしは安いものの、

賞味期限が短くてすぐにダメになってしまいます。

特売の時にたくさん買ったものの、

使い切れずに処分したことのある家庭も多いと思います。

そんなもやしがたった15秒、

あることをするだけで賞味期限がグーンと伸び、

保存ができるようになるってご存知ですか?

家計の味方

安くてどんな料理とも相性が良いもやしは、

ひと袋料理に加えるだけでかなりのボリュームが出る、

世のお母様方の強い味方。

あのシャキシャキとした食感も美味しいですよね。

細くてひょろっとした体型の弱そうな子に対して、

「もやしっ子」なんて言葉があり、

なんだか頼りないイメージのもやしですが、

栄養をバランス良くとれる万能な食材です。

しかしもやしは足が早く、

買ってきてすぐに使ってしまわないとダメになってしまうため、

安くても買いだめには不向きな食材です。



一般的な保存方法

長持ちさせる方法として、

一般的なのはジッパー付き袋やタッパーを使い、

もやしを水に浸す方法と湯通ししてから冷凍する方法です。

どの家庭の冷蔵庫でも、

どちらかの方法でもやしを保存していませんか?

しかしこの方法、双方とも弱点があります。

水に浸す方法は栄養が水に流れ出てしまい、

買ってきた時よりも栄養分が減ってしまいます。

また湯通し後に冷凍する方法だと、

もやしの魅力であるあのシャキシャキ感が損なわれてしまいます。

せっかく買ってきたのだから、

安い食材だったとしても美味しく食べたいですよね。

そのためにも上手に保存したいですね。

15秒で出来る保存方法

この方法なら、

たった15秒でもやしが簡単に長持ちさせられます。

その方法とは、

もやしの袋を少し開けてレンジで15秒チンするだけ。

これをやると、通常よりも2~3日長持ちします。

しかも、シャキシャキ感も損なわれません。

もやし生産者協会も

「茹でたり、レンジで加熱したりしたもやしは冷蔵庫で3~4日保存が可能」

と回答しております。

ちなみにもっと簡単にもやしを長期保存する方法として、

封を開けずにそのまま冷蔵庫のチルド室に入れる方法があるそうです。

この方法なら、6日ほど保存ができるそうですよ。

これで特売日に、沢山もやしを買ってきても大丈夫ですね。

上手に保存して、美味しくもやしを食べましょう。