びっくり

ペットボトルで牛乳が販売されているのを見かけることがない理由がこちら…!

牛乳

普段私達が飲む牛乳は、

紙パックのものか瓶に入ったものですよね?

しかしペットボトルの牛乳というものは、

見たことがない人がほとんどだと思います。

このように紙パックや瓶詰めの牛乳はありますが、

他の飲み物の多くはペットボトルのものがあるのに、

一体それはどうしてなのでしょうか?


実はそこには、れっきとした理由がありました。

ペットボトル飲料が販売され始めたのは、

1982年からです。

しかし、

ペットボトルに入れられる飲み物には制限があり、

国の審査を通過できたものだけが販売されます。

牛乳は飲み物の中でも栄養価が高いため、

その他の飲み物と比べて雑菌が繁殖しやすい特徴があります。

そのため、

なかなかペットボトルで販売する許可をもらえずにいました。

しかし、メーカー側はそれでも諦めませんでした。



雑菌とコスト

そしてその思いが実り、

ついに2007年に牛乳の販売許可が下りることになりました。

しかし、その先にもまだ問題は残っていたのです。

ペットボトルの良いところは、

飲みかけでも持ち運びができるということです。

しかし、これが牛乳にとっては問題なのです。

なぜなら牛乳は一度口を付けると、

そこから雑菌が繁殖してしまうリスクが高くなるからです。


さらに牛乳の場合は、

特殊なペットボトルに詰める必要があり、

紙パックの3倍のコストがかかると言われています。

これらを考えると、

牛乳をペットボトルで販売することは、

あまり現実的ではないのです。

牛乳をペットボトルに入れないのは何故なのか、

不思議に思っていましたが、

これには納得させられました。