びっくり

ゴミだと思って拾わないで!由比ヶ浜で落ちていた物の正体にゾッとする・・・

由比ヶ浜のゴミ?

由比ヶ浜は学生さんや子どもを連れた、

ファミリー層も数多く訪れますが、

海には警戒しなければいけない生物がいることを、

覚えておく必要があります。

2018年のゴールデンウィークに、

由比ヶ浜で発見されたものが話題に。

Twitterユーザーのさわ(@2647e)さんが発見したのは、

綺麗な水色の物体です。

一見ゴミに見えますが、

さわさんは危険だから触れないようにと、

Twitterで注意を促しています。



ゴミの正体

この物体は「カツオノエボシ」といって、

毒性がかなり強いクラゲの一種だそうです。

浜辺で全く動かず死んでいるように見えても、

不用意に触れたり近づいたりするのは控えましょう。

触手で刺されてしまう危険性があるからです。


さらに投稿者さんは少し歩いただけで、

カツオノエボシを10匹以上も見つけたと話しています。

見た目はビニールやペットボトルに似ているため、

それだけ数が多ければ誰かがゴミと勘違いして、

触ってしまう可能性があるでしょう。

そのため子どもが間違って触れないように、

親御さんは注意を払っておく必要があります。

カツオノエボシに触れると…

誤ってカツオノエボシに触れてしまった場合は、

すぐに応急手当をしてください。

まずは刺胞をこすらず海水で洗い流し、

アルコールで患部の消毒をします。

真水は体内に刺胞の毒液が流れ込みやすくなるので、

洗う際は必ず海水を使いましょう。

その後抗ヒスタミン薬の軟膏、

または副腎皮質ホルモン配合の軟膏を塗って、

腫れや痛みを抑えます。

これはただの応急手当なので、

処置した後はすぐに病院へ行ってください。

他の人にも、

「カツオノエボシに触ってはいけないということ」

を話しておいた方が良いでしょう。