びっくり

紙コップでハチを捕まえたら紙コップがとんでもないことになった…!

蜂に対して、みなさんはどんな感情を抱いていますか?

中にはスズメバチのような凶暴な蜂をイメージして、

怖いと思っている人もいるでしょう。

一言で蜂と言ってもかなりの種類がおり、

日本だけでも約4,000種類もの蜂がいるとのこと。

一般的に知られている蜂では、

「ミツバチ」「アシナガバチ」「スズメバチ」がいますが、

刺されるのは怖いですよね。

アレルギー反応が起きたら、

命を落とす危険性もあります。

蜂の性質から嫌厭されがちですが、

彼らには物凄いパワーがあることをご存知ですか?

ある投稿者さんが蜂をカップで捕獲したところ、

予想もしていなかった事が起きたそうです。



ハチを紙コップで捕獲

動画の投稿者さんは、

テーブルの上に蜂を発見!

危険なので、

近くにあった紙カップで捕獲すると、

次の瞬間そのまま宙に浮きました。

花の蜜を吸う蜂は、

ホバリング(空中静止)が出来るので、

カップを背負いながら飛びだしたようですね。

中の風圧でカップごと浮いたようです。

空のカップが浮いている不思議な画像ですが、

なんと蜂は前の見えていないこの状態で、

外に脱出することができました。

ハチの力

ハチの仲間は巣を拠点として、

あちらこちらの蜜を集めて帰ることができます。

女王蜂のフェロモンを嗅ぎ分けることができるハチには、

外の匂いがわかったのではないでしょうか?

まるでカップが自然に浮いているような、

不思議な光景ですね。

何かと嫌われているハチですが、

あの有名な物理学者のアインシュタイン博士は、

「蜂がいなくなったら人類は4年しか生きられない」

と予言したそうです。

植物の受粉に貢献しているハチが絶滅したら、

地球上の植物が種子を作れなくなるそうです。

ハチも襲いたくて、

人間を襲っているわけではありません。

あまり騒がずにその場を離れると、

ハチも刺したりしませんので、

むやみに嫌わないで下さいね。