泣ける

片足を失い、義足になった少女が登校した時の周りの子供たちの反応は…?

義足の友達に子供は…

7歳の「アヌちゃん」という女の子は、

片足を失ったことで義足のはまった体です。

そんな中、の小学校に登校しました。

果たして周囲の子供たちは、

どのような反応をするでしょうか?

少し照れくさそうに、

笑みを浮かべながら歩くアヌちゃん。

周囲にいた子供たちはまるでアヌちゃんが、

新しい靴でも履いているかのように見ています。

そして、嬉しそうに寄って行きました。

子供たちの明るい顔から、

「カッコイイ―!」という言葉が、

飛び出しているようです。

まさに羨望の眼差しです。

アヌちゃん自身は、

こうなると予想できていたでしょうか?

新調した新しい義足で駆けだすアヌちゃんを、

みんな追いかけていきます。

「早い!早い!」とみんな嬉しそうです。

子供たちは「気の毒…」とは思わず、

素直に「カッコイイ!」と思ったようですね。



素敵な仲間

この動画には、

多くのコメントが寄せられていました。

多くの方々がアヌちゃんとお友達の姿に、

大切なことを教えてもらったようです。

・素晴らしい友達だね!

・子供たちは人種差別や差別を持ってうまれていない。差別は両親やメディアによって教えられる

・心が洗われる

・子供たちに、大人は何を学ぶか考えなくてはいけない

・泣きました。

・こんな子供たちのまま大人になる、そんな地球にしたい

差別のない小さな子供たち。

この世界を私たち大人が、

見習わなくてはいけませんね。